muttenz's blog

スイス星空だより

TCP J20100517+1303006の増光(珍しいことではないらしい)

TCP J20100517+1303006が2年前に発見された時に観測したフレームから当時KaIV67という新変光星を見つけました。ただ、周期やタイプなどがはっきりせず、ずっとそのままになっていたので、この8月観測を試みています。(ATLASではdubiousとなっています。)…

変光星を見つけてもすでにATLASに記載されていた!

前回書いたようにKaiV87はEAらしいのですが、VSXには記載がなく、ATLASでもdubiousとなっています。これをVSXに登録すべく観測をはじめました。(昨年いくつか観測データがありますが、正確な周期、特に第二極小の位相がどこにくるかがはっきりしていません…

A First Catalog of Variable Stars Measured by the Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)

久しぶりにブログに復帰です。6月前半は日本に一時帰国していましたが、帰国4日目に風邪をひいてしまいました。それでも変光星観測者会議でのリポートも一応無事に済ませられました。その後、倉敷、岡山の変光星仲間を訪問したり、昨年完成した3.8mの大望…

新変光星かと思ったらもうASAS-SN VSDBに載っていた

変光星観測者会議で話す内容の関係でちょっと古い観測から最近までのをMuniwinに入れて変光星探しをしたら一つ今まで気がついていないのが見つかった! おお、これはとVSXに行って座標を見たらどんぴしゃり、ASAS-SNがもう見つけていた!残念。。。。

もうすぐ日本へ一時帰国

今度の日曜日に飛んで月曜日から2週間、主に東京に滞在し、久しぶりに変光星観測者会議にも参加します。ブログにいつも書いているような内容ですが、新変光星についてちょっとした報告をいたします。3年ぶりの参加で、変光星観測者の皆様にお会いできるの…

久しぶりに新変光星をVSXに登録

3年前に矮新星を観測していて見つけたかなり暗い新変光星、KaiV39を最近続けて観測でき、運の良いことに第一極小が際どいところで受かって周期や元期を出すことができました。北極星から10度あまりしか離れていない星です。 隣の高い木に引っかかるかと恐…

NSVS13995739 について 続きの続きの結末

長らくブログをサボってしまいました。何もしていなかったわけではなくむしろ忙しすぎたのが原因です。 ところで、最後の記事の結末です。 VSXのセバスチャンにNSVSのエントリーは場所は外れているし、タイプも変光範囲もあっていないので発見者として山本さ…

NSVS13995739 について 続きの続き

先日の位相図をセバスチャンに送ったら、この11等星が変光しているのではなく、近くの2MASS J19160178-0714135が変光しているのが混ざり込んでいるのだとの指摘。 結局やまもと様が発見なさったミラ型と思われる変光星がNSVS13995739の原因。 ただ、NSVSの…

NSVS13995739 について 続き

この変光星のKWSのIcデータをダウンロードしてVデータの位相図に入れてみました。周期と元期は前回の位相図と同じです。 ピンク色が Ic 、緑が V データです。 Ic データの変動の方がVデータより大きく見え、カーブの形がかなり異なる印象です。 極大付近が…

NSVS13995739 について

NSVS13995739はvsolj-obsで山本さんが投稿なさってからちょっと話題になった星です。 これはNSVSのサーヴェーで見つかった変光星で清田さんが書いておられるように同じ星が別のID、NSVS16919745でも観測されています。両観測データを見るとかなりゆっくりと…

UGEMとKWSの測光値を比較してみた 続き

3月31日に撮影した画像でも同じようにやってみました。 24個の変光星のうち、6つで、UGEM-KWSの絶対値が0.15を超えました。(右の列でアステリクスがついている星。)あとの18個では差はそれ以下。そのうち15個では差は0.1等以下です! 10枚のフレームで写…

4月に雪!

左のは最近始めたDSLRによる変光星観測の機材 今朝起きて外を見てびっくり。うっすらと雪が積もっています。2年前には4月下旬にかなり積もったことがあります。

UGEMとKWSの測光値を比較してみた

先日来キャノンにズームレンズ28mm-55mmをつけて撮影した画像をUGEMを使って測光することを試しています。撮影はノーガイドですが赤道儀に載せて55mmで30秒露出。 同じ日のKWSのV測光値と比較してみました。時差はあります。 一番右にその測光値の差が記載さ…

UGEMをいろいろと試みてみた 続き 食変光星 KW Hya

UGEMで測光した値がどのくらいあっているか調べるにあたり思いついたのは前原さんがやっておられるKWSです。 UGEMで得られた値とKWSでの最新データ、3月26日の値といろいろな変光星で比較してみました。星により程度の差がありますが、ほぼ0.1等程度の違いな…

UGEMをいろいろと試みてみた  続き

http://muttenz.hatenablog.com/entry/2019/03/24/052818 の続きです。 あの時は10cm反射にキャノンの組み合わせで、食変光星を観測してみたのですが、 10cmでの食変光星の観測は出てくる画像の大きさがすごいです。1時間半もやったら数GBになって…

2月に見つけた新変光星、KaiV93をVSXに登録

もう何度かブログにこの食変光星、KaiV93について書きましたが、ようやくVSXに登録できました。 先日、セバスチャンに登録の際のprimary nameについて、VSXを見ているといろんな名前の付け方があるようだけれど規則があるのか?と尋ねたら、primary nameはど…

昨夜はKaiV91の第一極小があるはずでした。。。。

このEAタイプの新変光星KaiV91は2月12日にFY Oriの観測中に見つかりました。 その後、最初に仮定した周期が間違っていることがわかりました。 muttenz.hatenablog.com このあとで、周期は決定的と考えて予報を作りましたが、周期がほとんど2日に近いため、…

UGEMをいろいろと試みてみた

昨年6月頃だったと思いますが、前田さんが大々的にUGEMのことを宣伝してくださって、それ以来もう多数の方々が使って成功しておられるようですね。当時私も28cmのシュミカセ画像で試みて、それなりに上手く行ったのですが、主目的の食変光星観測にはそれほ…

HZ Gem 付近の変光星

muttenz.hatenablog.com この続きです。一昨日から天気が安定して良くなり満月ですがなんとか観測しています。HZ Gemのそばの新変光星KaiV92はVSXに登録できましたが、もう一つの新変光星、KaiV93の第二極小が2月中には観測できず、ようやく昨晩観測できまし…

GSC 3807-0759 (4重星)を再び観測 フレアー?

昨晩はXY Tauを沈むまで観測し、その後先月観測した4重星のGSC 3807-0759を朝まで観測しました。この星独特の奇妙なライトカーブにさらに今回はどうもフレアーらしいものが受かりました。 2回の極小のあとで増光中にフレアーが約5分間見られたようでその…

新変光星 KaiV92 をVSXに登録

muttenz.hatenablog.com この記事にあった、HZ Gem を観測中に発見した2つの新変光星のうち、周期の短い方のKaiV92をVSXに登録できました。 APASS、ASAS-SN Sky Patrol、私の観測データを組み合わせられる周期が見つかり、その周期で作成した位相図です。 K…

XY Tauという変光星

vsolj-obsにBさんが何度か報告でおかしな星だと書いておられ、一度vsoljのメーリングリストに加藤さんが XY Tau とは何者か見てみると、 http://adsabs.harvard.edu/abs/1927AJ.....37..155R の No. 186 のようです。 と書いておられました。確かにVSXには、…

山本さんが発見されたミラ型の新変光星 続きです

muttenz.hatenablog.com これの続きです。周期も位相図もこれで良いかと気楽に考えていたのですが、とんでもない。セバスチャンにこの変光星の周囲には微光星がいっぱいあって、それらの星の光をサーヴェーデータから取り除かなければならないとのメールが来…

HZ Gem 付近の変光星

もうすでに何度か報告していますが、2月の観測をまとめてみるとちょっと面白いライトカーブが見られます。 まずHZ Gem 周期は0.824日で、観測できるフェーズが少しずつフェーズで後ろに(位相図で右に)ずれていきます。 KaiV92 タイプはEW 周期は0.435日 …

山本さんが発見されたミラ型の新変光星

2月26日にVSOLJ-obsに山本さんがVSXなどにまだ記載されていない新変光星を報告されていました。そこに書かれているASAS-SNのリンクを見たらもう、明らかなミラ型の変光星。ASAS-SN Sky Patrolから1300日分のデータをダウンロードして周期解析をしたら周期も…

GaiaのGmag, BPmag, RPmagからVmagを得る

今までのところかなり暗い星の光度データで一番信頼されているのはAPASS (AAVSO Photometric All Sky Survey) かと思いますが、これも16等ぐらいからデータが無い星もいっぱい出てきます。 Gaiaのデータが発表されてから、そこに記載されているGmagだの他…

HZ Gem の位相図

muttenz.hatenablog.com これの続きです。 2月27日に観測したHZ Gem のデータを今までの位相図に書き加えました。 青が新しいデータで、緑はそれ以前のデータ きれいに重なりますが、その後のフェーズ0.5の前あたりの緑のデータはちょっと外れている感じです…

FY Ori のデータ改訂をVSXに申請、無事に受理されました

2月にこの変光星を観測して、周期や変光範囲などを決めることができたのでVSXにデータの改訂を今日申請しましたが、すぐに受理の返事が来ました。 https://www.aavso.org/vsx/index.php?view=detail.top&oid=23251 ASAS-SN Variable Stars Database が発表…

2月11日から27日まで毎晩観測できた!

この2月には実に17夜連続で観測できました。それも今夜28日夜は曇で連続観測も終わりを告げ、これから天気予報の出ている範囲では全部曇りか雨。。。。 このような好天気はスイスでは本当に稀です。友人が皆私が睡眠不足にならないか健康状態を心配して…

昨晩、26日夜は KaiV91 を観測

このKaiV91は2月12日にFY Oriの近くで見つけた新変光星です。 muttenz.hatenablog.com これについてその後書いていませんでしたが、あの頃11日から続けて14日まで4日連続で観測できました。 12日に極小、13日にも少し浅い極小が受かっています。…