読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

muttenz's blog

スイス星空だより

昨晩のKaiV37

天気は相変わらず不安定ですが、少し雲の切れ目がありそうなので昨晩観測してみました。案の定、途中かなり長いこと曇られ、雲のせいで終わりも明け方より大分早く来てしまいました。 全くハズレのデータポイントがあるせいでちょっと分かりにくいのですが、…

KaiV37 これは何だ?!の続き

天気が思ったほど良くならず、この星の観測を続けたいのですが、できません。仕方なく、データをいじくりまわしているだけです。 この星の観測データがCRTSにあります。 そのデータを使ってPDMで周期を求めると、P: 0.4089225 d.が得られます。 その周期で位…

KaiV37 これはなんだ?!

KaiV37は昨年の春発見しました。当時の記事です。 muttenz.hatenablog.com この頃、この星の周期は0.2と0.3日の間ぐらいだろうと判断しました。(極大が一回) ASAS113804-0026.5のことも一応片付いたので、未解決のKaiV37をなんとかしようとこのところ3回続…

ASAS113804-0026.5 の訂正ようやくVSXに登録

3年がかりで観測してきた結論がケプラーデータで急速にはっきりと出ました。 そして無事にVSXに登録できました。 https://www.aavso.org/vsx/index.php?view=detail.top&oid=93770

周期不明の食変光星V1774 Ophの観測要請

昨年へびつかい座の周期不明の食変光星V1774 Ophの周期を探すと言う記事を書きました。 蛇使い座の周期が不明の食変光星 続き - muttenz's blog V1774 Oph の続き - muttenz's blog これに関連して今年2月にも続きを書きました。 muttenz.hatenablog.com だ…

周期不明の食変光星V563 Her の周期を探そう 続きの続き

muttenz.hatenablog.co この記事にあったように、5月5日に極小後の増光を観測し、その後5月9日に食外の観測もできたので、この星のCRTS並びにAPASSデータと観測データを組み合わせて見ました。 (食外の光度からそれぞれのデータのゼロ点合わせが出来る…

ASAS113804-0026.5 続き ケプラー、ASAS、観測データを組んでみた

昨晩、セバスチャンに今までの成果を報告したら、ケプラー、ASAS、お前の観測データを全部組み合わせて全部のデータに納得の行く周期を見つけろとのことです。 もう一度出発点に戻って見ました。 ASAS-3のデータをPDMを使って周期3日から4日の間で探させま…

ケプラーのデータを解析 きれいです!

muttenz.hatenablog.com これの続きです。 Period04で周波数を15個まで探してその周期で計算したライトカーブと観測値がかなり良く合うのでもう少し周波数を探させました。 それから変動の強い周波数のdetrendの位相図を作ることにしました。 ここでちょっと…

周期不明の食変光星V563 Her の周期を探そう 続き

muttenz.hatenablog.com これの続きです。 一昨日の夜、久しぶりに晴れました。薄雲がある上に月も明るいので空全体が相当明るいのですが、23時半にあるはずのV563 Herの極小をとにかく観測してみました。ようやく極小時ごろに隣の家の屋根上に出てきたので…

ASAS113804-0026.5のケプラーデータがあった!すごい!

セバスチャンからメールでこの星のケプラーデータがあるよと教えてくれました。 全体で80日弱の観測です。 このライトカーブをパッと見た時には、あ2晩ぐらいの観測だと思ったのですが、80日間の連続観測です。昼も夜もないし、空に雲はないし、こんな観測…

Period04を使ったフーリエ解析でPTS (periodic time shift) オプションを使う効果

昨日PTSを使った場合に見つかる周波数が変わったと書きましたが、グラフにしたほうがその効果、変化がわかりやすいかと思い作成しました。 周波数対amplitudeのグラフというのはライトカーブのスペクトルに当たるわけですね。 PTSなしの場合のスペクトル。 P…

ASAS113804-0026.5の「Periodic time shift」を使用したフーリエ解析

すでに先日ブログに載せた最初のフーリエ解析の結果です。 F9の16.3359がF4の16.27595とたった0.06弱しか違わないので、F9はperiodic time shiftのためでリアルではない可能性があるということで、expert modeでPTSの公式を使ったフーリエ解析をしました。 …

Period04のexpert mode

Osmさんが早速エキスパートモードでPTSに切り替えるやり方を教えて下さいました。どうもありがとうございました! その結果は次の機会に載せることにして、昨日のフーリエ解析の結果から作った位相図を載せます。2番めからの位相図、どれも同じように見え…

ASAS113804-0026.5の多重周期(フーリエ解析)

今年の観測データだけでフーリエ解析をやってみて、ある程度やり方に慣れたし、意味のありそうな多重周期が見つかるようなので、思い切って2015年、2016年のデータも付け加えてPeriod04でフーリエ解析をしました。 大変に嬉しい結果が出ました! 数字ばかり…

ASAS113804-0026.5の多重周期がようやく見つかった!の続きです

今年はこの星を3月27日から昨晩までで14回観測しました。 青が昨晩のデータです。全変動範囲が0.1等余りというかなりみみっちい変動なので良い精度のデータを得るのが難しいです。前回書いたようにDSCTの多重周期は二つ見つかってそれはほぼ確定しまし…

ASAS113804-0026.5の多重周期がようやく見つかった!

ようやく今年の観測からフーリエ解析でこのDSCTの多重周期が見つかりました。 結論から行くと、2015年の観測データをPDM解析して見つかっていた周期、0.06100日と、昨年並びに今年の観測データをPDM解析して見つかっていた周期、0.05805日両方が、今年の…

DN Ophのデータ改訂をVSXに登録

1928年発見のこの変光星。ほぼ90年ぶりにようやくタイプや周期が判明してカタログに記載できました。 https://www.aavso.org/vsx/index.php?view=detail.top&oid=20622 これもデジカメおじさんのおかげです。ありがとうございました!

ASASデータのMAG_0やMAG_1などの扱い

セバスチャンが返事をくれてMAG_Nについて説明してくれました。 規則 星の光度が12等より暗い場合は MAG_0 11等から12等の間では MAG_1 10等から11等の間では MAG_2 9等から10等の間では MAG_3 9等より明るい場合は MAG_4 の列を使うこと だそうです。 えー…

DN Oph

デジカメおじさんのブログでDN Ophが3月に明るかったという報告を読みました。 blogs.yahoo.co.jp デジカメおじさんは、VSXには変光星のタイプも周期も不明となっているが、DN OphのASASデータでははっきりミラ型の変光星であることがわかることも指摘されて…

変光範囲が小さいEWとELLの見分け方

ちょうど1年前、IR Gemがアウトバーストして、それを観測した時に近くの星が変光していることに気が付き、KaiV36と番号をふりました。これが当時のブログ。 muttenz.hatenablog.com 先日、病気になる前に何晩か観測することができ、そのデータと昨年のデー…

初めてOV Booを観測

ほぼ一週間ぶりのブログと観測です。風邪を引いてしまって休んでいました。その間天気はひどかったので、「観測できるのにー!」というストレスは幸いありませんでした。昨晩、体調も天気も回復したのでOV Booが上がってくるまでOQ Gemを観測して時間を潰し…

雲間からOQ Gemの復光を観測できた

久しぶりの極小がある日ですが、天気予報は曇り。でもところどころ雲間から薄雲があるものの、星が見えます。なんとか極小から増光しているところをとらえられました。 これで周期はまず、7.2160日が確定。 風邪気味なので切り上げて寝ることにしよう。

昨晩のIR Gem観測 (OV Booは観測できず)

14日夜のIR Gemです。 OV Booを観測したくても家の屋根に隠れてできない。朝方4時に起きてやろうとしたら望遠鏡を向けても星がほとんど写らない。こんなはずはないと外を見たらきりが発生していた!

13日夜のIR Gemのスーパーハンプ

もう書きましたが、10日、12日、13日と観測しました。その3回をまとめてライトカーブを作ると。 10日にはまだ16等台で、12日にはもう12等台、13日にはスーパーハンプが出ました。3晩で激しい変化です。 下は13日夜のスーパーハンプです。変動幅が増えてい…

周期不明の食変光星 V563 Her の周期を探そう

これから観測シーズンになる星座で周期不明の食変光星を前もって調査しておこうと、ヘルクレス座の周期不明の食変光星、V563 Herを調べました。 GCVS、VSX、Krakow、O-C gateway、BAVなどどこにも周期は書かれていません。 これはHoffmeisterが観測できた2…

IR GEMがアウトバースト

今夜は娘の演奏会を聴きに行き、観測開始が遅くなった上に満月が煌々と照っているのでどうしようかと迷ったのですが、一昨晩も観測したのでKaiV36を観測し始めました。一昨晩のフレームと比較してすぐに、何この明るい星は?と思いました。一瞬、双子座だし…

KO Gemの周期などを無事にVSXに登録

VSXにここ2ヶ月で得られた周期や元期などをVSXに登録したくてもセバスチャンが休暇で今週はじめまでいなかったのでどうしようもありませんでした。 ようやく昨日返事をくれて大体良さそうと書いてくれ、ちょこちょこと訂正して昨晩寝る前に登録申請しておい…

WDwintでOphV931をモデル解析 続き

前回DC(Differencial Correction)というのをやったらモデルのカーブがむしろ観測のカーブから外れてしまいました。 色々試みていたらうまくカーブに合うようになったのですが、どうしてか観測データのフィルターがいつの間にかVからUに変わってしまう。何度…

VZ PscのO-Cが面白い

机の上に散乱しているメモを片付けていて、この変光星の名があったのでちょっと調べてみました。(何を書いたのかよくわからないメモがいっぱいあります。。。) VSXではEW/KWタイプで周期も0.2611865でGCVSと同じデータです。 vsoljのデータベースにはNgaさ…

LL Peg

星の情報.jpで読みました。星の情報.jp 蚊取り線香のような渦を周りに撒いている星の姿、不思議だし美しいですね。 渦巻き模様が伝える星の最期のメッセージ - ニュース&コラム - アルマ望遠鏡 国立天文台 この大変に注目を浴びている星、VSXで見てみました…

WDwintでモデル解析 続き

一応手動式で昨日はかなり良いパラメタが得られたので、モードをDCモードに変えてパラメタの組、q-i(質量比と傾斜角)やT2-omega1(第二星の温度と第一星のポテンシャル)の組み合わせでDifferencial Correctionというパラメタの改善をやらせてみました。な…

WDwintでモデル解析 続き

昨日の続きをやってみたのですが、ポテンシャルの値を変えたくてもmodeをovercontactedにしてあるとできないので、そこが間違っているようです。そこでsemidetachedにしたらパラメタの自由度が増えました。まだ手動でやっている段階ですが、こんな具合。OphV…

WDwintでモデル解析を初めてやってみた

周期解析はだいぶ慣れてきたので、そろそろ新しいこともやってみたいと思っています。以前から食変光星のモデル解析がやってみたかったのでPoebeをダウンロードして少し試みたのですが、さあどこからはじめたら良いのかわからない。 大島さんがまずWDwintで…

AstroImageJ フリーの測光ソフト

今朝たまたま久しぶりにAAVSOのホームページに行ったら、Forumの記事のタイトルに「高精度の差測光の最高のソフトは?」という質問があるのを見ました。 https://www.aavso.org/content/best-software-very-accurate-differential-photometry-work それに対…

StarLight Pro の W UMaがおかしい?

Ngaさんが紹介しておられたStarLight Proをインストールしていろいろ眺めています。 かの有名なW UMaを見たら変です。ライトカーブもおかしいし、表示される二つの星の形状、距離、光度が全部おかしい。なんか別の星のデータが入っているのではないかと言う…

周期がわかっていない食変光星BU CMi

Ngaさんがいつだったかブログに載せてくださった、「周期のない食変光星」のリストで、今、あるいは間もなくシーズンとなる星を選んで調査しています。それでKO GemだのOQ Gemを調べたり観測したわけです。 これからの観測しやすい星座としてしし座や乙女座…

KO Gemの三回の極小

1月26日と2月12日にmei/nekoさんが、2月26日に僕が極小を観測し、計3回の主極小時刻が得られました。 7779.928255(207) 7797.088315(625) 7811.390002(198) これを使ってpfindで1日から10日の範囲で周期を探させました。 群を抜いて2.86015日が周…

スクリプトでミスが

muttenz.hatenablog.com この記事の中のスクリプトで最後の行にカッコのミスがありましたので訂正します。 list(coef(res),residuals(res),P[order[1:3]])となっていますが このorderの後1:3のカッコは()でなければなりません。 P[order(1:3)]が正しいです。…

AC CMaの食

muttenz.hatenablog.com 2月26日夜に、日本でMdyさんがこの星の食を観測してくださいました! 1942年来、食は初観測でしょうか?この星は南にあって観測できる時間は短めで高度は低いところを観測してくださってありがとうございます! 以前ブログに…

AC CMa の3月の極小予報

日本だと5日、15日、22日あたりが主極小のチャンスでしょうか?

KO Gemを観測しています

mei/nekoさんが52年ぶりの極小を観測してくださった星です。ようやくスイスでも極小を観測できるチャンスが来ました。今日は雲もなく昨晩より良く安定した観測ができそうです。極小時刻はスイス時間で22時20分頃のはずですが、夕方に観測し始めたとき…

OQ Gem減光確認できず

昨晩26時過ぎに極小があるはずで、あれば周期が7.2160日が確定できたのですが、減光が始まる前に完全に曇られました。残念です。。 雲の隙間から一枚でも二枚でも写らないかと1時半まで粘ってみましたが全くチャンスなし。オートガイドを切ってその後は寝…

pfilter 食外の観測データを使って周期を絞る

周期が未知の変光星を観測しても大体は「変光なし」のデータになってしまいます。今回のOQ Gemでもかなりの食外のデータが得られました。(下参照)それでもある程度食外のデータがたまるとそれを使って周期の可能性を絞ることができます。昨日記載したスク…

周期を見つけるための3つのスクリプト

先日から書いていますが、OQ Gemの周期を探すのにスクリプトを3つpfind pfilter pselctを書いてみました。 全部functionの形にしたのでconsoleから簡単にまとめて呼び出せます。一応下の方に載せておきます。(まだまだ改良出来るかと思います。ご意見がお…

eclminで極小時刻を求める

今日たまたま古いコンピューターを動かしたのでそこに残っているVSOLJの古いメールを眺めたら、eclminというのをKatさんが書いておられました。 以前はRの使い方が全くわからなかったのでほとんど読んでいなかったが、今なら使えるかもしれないと、試してみ…

PFilter 周期をふるいにかける

先週、OQ Gemの二回目の極小を観測するまでに幾つもの食外の観測がありました。(Mdyさんも何度か手伝って下さいました。) そこで、PFinderが出した良さそうな周期を使って何十も位相図を作り、今まで観測した食外のデータが極小付近に来ないかどうかで周期…

PFinder(EASolver改め)

muttenz.hatenablog.com これの続きです EASolverと名付けましたが、ペランソのソフトにEASolverという名がもう付いているのと区別するためと、なかなか問題を解決(solve)してくれないので、「良さそうな周期の候補を評価付きで見つける」という感じでPFinde…

OQ Gemの周期を探そう

極小が2回受かったのは大変に幸運で良いのですが、周期をどう探すか考えてあれこれスクリプトを書いたりしてだいぶ苦労しました。でも最終的にはクラシカルな方法で言わば手作業でやったのが確実なようでした。 現在のところ、Hoffmeisterの極小が2回、Fra…

OQ Gemの極小を再び観測

昨晩は霧が途中で発生することもなくずーっと晴れてくれ、食をほぼ始めから終わりまで観測できました。 この極小や他の極小観測から周期を求めようとしていますが一筋縄では行かない感じです。私の2回の極小観測が重なるように周期を探すと、4.819427日とい…

OQ Gem ただ今減光を観測中!

今日の午後またこの食変光星の周期について色々試行錯誤して、8.3日ぐらいというのがみつかり、計算したら今夜副極小があると出ました。今のところきれいに晴れていて観測中で、どんどん減光しています!当たりました! 詳しくはまた明日。