読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

muttenz's blog

スイス星空だより

石垣島 続き

石垣島の続きと言っても今回はカメラのISOの違いによる写り具合についてです。

カメラは以前書きましたようにCanon EOS Kiss X7で、僕はDSLR初心者です。(フィルム時代にはMinoltaの一眼レフを星野カメラとして随分白黒写真を撮って現像焼き付けをしました。)

Kiss X7はISOの設定が12800までできます。

同じ天の川がどのようにISOで変わるか試してみました。いずれも露光時間は20秒の固定撮影です。

ISO 1600

f:id:muttenz:20160606231437j:plain

ISO 3200

f:id:muttenz:20160606231545j:plain

ISO 6400

f:id:muttenz:20160606231711j:plain

ISO 12800

f:id:muttenz:20160606231834j:plain

ブログに載せるとISO12800が良さそうですが、オリジナルでは全体が荒れた感じで、僕としては6400が適当と思います。

そうそう後で気がついたのですが、周辺減光補正というのがオンになっていて、確かに周辺減光が目立たないですね。それから20秒露出で撮影をした後、自動でダークを撮ってからそれを減算して保存しているので、撮影後毎回露光時間分待たなければなりません。(きっと皆さんはもうご存知でしょうね。)

 

ついでながら付記しておきますと、昨晩は雲が次から次へとやってくるので観測は諦めました。