読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

muttenz's blog

スイス星空だより

OQ Gem その後

昨晩日本で1月20日以来9回目の第一極小が観測できると予報を出していました。スイスでもその終わりの方を観測できるかと薄明が終わる頃すぐに観測を開始しましたが、全く変光なさそう。これはどうしたことかと思いながら、他の星の観測に移りました。

今朝一番にVSOLJの観測報告を見たら、Mdyさんがこの星を観測してくださいました。早速ライトカーブを見たらなんとほとんど平坦。えーっ!これはどうしたことだと、報告の返信に予報が外れた事をお詫びしました。とにかく、今まで仮定していた周期が間違っていることだけは確かです。すぐに思いついたのは仮定していた周期の2倍の周期ではないかということです。

2倍の周期でMdyさんの観測を入れて位相図を作りました。

f:id:muttenz:20170216050904p:plain

この位相図の第二極小のあたりにちょうどちょっとした凹みもあります。

f:id:muttenz:20170216051012p:plain

昨晩Mdyさんが観測してくださったデータ(ピンク)です。

ただ、この考えに重大な問題点があります。この周期だと、Hoffmeisterの極小観測(ここでは赤い点二つ)が第二極小に来ています。Mdyさんの観測された変光範囲は極めてせまく、これをHoffmeisterが観測して食変光星を発見したと報告するとは思えないことです。彼の報告書にも変光範囲は約0.5等(写真等級で)と書かれているので変光範囲が大きくて矛盾します。

そこで、EASolverでもう一度可能性のある周期を探すことにして候補を上位から15個出しました。

[1] 1.96667894831 2.73673227116 1.14433407876 1.26084592689 6.98948187766
[6] 3.51312430310 1.53835220675 4.46778645513 7.06340418782 1.53481688589
[11] 2.33798337554 12.38353854412 1.36836613558 1.06815874051 1.69714811453

この15個の周期とそれぞれの2倍(場合によっては4倍)の周期を入れて位相図を作って検討してみました。(相当くたびれた!)殆どの候補で今までの観測データが極小の上に来たりして除外されます。生き残ったのは以下のものです。

下図は一応現在のところ矛盾は生じていません。

f:id:muttenz:20170216051944p:plain

 

上の図の周期を2倍にした周期で作成した位相図。この場合Hoffmeisterの極小が1つ0.5に来ています。

f:id:muttenz:20170216052014p:plain

 

これはほぼ2日の周期。ドイツのFrank(IBVSで先程調べたらPeterは名の方でFrankが姓でした)の極小が0.5に来ています。

f:id:muttenz:20170216052243p:plain

 

ここで、次のように考えました。

私の1月20日の観測を除いてEASolverで候補を上位から15個出しました。

[1] 1.75635474094 1.96667642162 1.48955373945 1.63812774696 16.42332566845
[6] 9.80575319285 1.58667178136 2.13958610840 24.33567274168 6.13986785286
[11] 2.46007842038 1.36568921202 2.23422224647 1.02474537871 1.81962430383

本当の周期がこの中にあるとしたら、ここにあって、上記の15個の中にもあるはずです。両グループで共通の周期は1.96667642162と1.36836613558。後者は今まで仮定していた周期の半分の周期です。なので、この1.966...で位相図を作りましたが、これだと極小の上に乗ってしまうデータが出てくるのでダメです。周期を2倍にしてみました。

f:id:muttenz:20170216052427p:plain

これでもFrankの極小が0.5に来ていて不満足です。

矛盾が生じないのは7.063...という周期のみです。でもこの7..063...は下の周期グループには出てきませんが、下の周期グループのトップの1.75635474094の4倍に近いことは近いです。

余談ですがEASolverで出てくる周期だと古い極小がきちんと0.0と0.5の近辺にやってきます。

周期7.063...と1月20日の極小を元期として2月分の予報を作り直しました。

副極小はあまり期待できない感じですし、周期が7日あまりなのでチャンスが日本でもスイスでもありません!今シーズンは無理かな?

date      UT              n
4             3.1462      2
7           15.907        2.5
11           4.6679      3    
14   17.4287   3.5
18       6.1896      4
21        18.9504      4.5
25          7.7113       5
28        20.4721      5.5
32          9.233        6