読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

muttenz's blog

スイス星空だより

石垣島 続き

(数日来、夏にインフルエンザにかかってしまって高熱に苦しめられていました。ようやく熱も下がってコンピューターにむかえるようになりました。)

薄明も終わり空が暗くなって東からこと座も姿を見せ始めます。

f:id:muttenz:20160606211812j:plain

右下方にまだ雲が残っています。右下隅の木の付近を拡大してよく見ると緑色の短い光線が見え、明らかに星の光ではありません。ホタルです。子供の頃にはよくホタルを追っかけて捕まえておしりの光が点滅するのを眺めたものです。もう何十年も見たことがなかった。ホタルはドイツ語でGluewuermchenといいます。でもドイツやスイスにホタルっているんだろうか?

前回の火星、サソリが上ってくる写真の中にもよくよく見ると写っています。お気づきになったでしょうか?左下の付近にいます。

北の方の空を見ると、北斗七星、そして北極星が見えますが、北極星の高さに驚かされました。Muttenz(ムテンツと発音します。変光星観測者会議で訊かれました。)の緯度は47度31分、石垣島は24度、なので北極星の高度は半分。

f:id:muttenz:20160606212127j:plain

残念ながらこぐま座と地上風景を撮るのを忘れた。

南天の方はこれ。

f:id:muttenz:20160606224013j:plain

僕には初めての星座でした。右端にあるからす座はスイスでも見えますが。中央付近の狼座、ケンタウルス座は見たことなかった。後で分かったのですが、もう少し早くこの辺りを撮っていればオメガケンタウリが写せたのに。

東天の雲がなかなか晴れないと思っていたらなんと実は天の川でした。実に明るいのです!そして銀河系の中心の射手座のあたりが見えるようになってきました。(この写真の時のISOの設定は暗すぎました。)

f:id:muttenz:20160606225940j:plain