muttenz's blog

スイス星空だより

V464 Casの続きです

muttenz.hatenablog.com

これの続きです。極小を観測できたのでその極小を元期にして、今まで唯一の1968年の極小観測がフェーズ0.0か0.5に乗るよう周期を少しだけ1.663349から1.6633485に修正することにしました。

(唯一のと書きましたが、文献をよく見るとその晩、3回の写真観測でどれも暗かったとありますので、真ん中の値、HJD 2440145.48を極小時刻としました。)

そのようにして作成した位相図です。

f:id:muttenz:20171218054602p:plain

APASSの3回の観測データ(赤)もASAS-SNのサーベーデータのカーブにきれいにのります!フェーズ0.5、光度15.8(これは実際の観測値ではなく、適当に選んだ値)のピンクの点が1968年の唯一の極小観測に相当します。これで見ると実際には第二極小だったのですね。

この位相図からするとタイプはEWでしょう。しかし、周期がちょっと異例の長さ、1.66日です。AAVSOのタイプの説明ではEWは通常周期は1日以下とあります。

セバスチャンだったら、これはEBというかな?

またコンサートをしにスイス南部に行きました

ほぼ一ヶ月前にスイスの南部のアルプスで演奏会をしました

muttenz.hatenablog.com

そこにまた行って演奏してきました。

季節は進んで今度は辺り一面銀世界でした。

f:id:muttenz:20171216111413j:plain

f:id:muttenz:20171216110925j:plain

今日ここではこんなに晴れていたのに、帰ってきたバーゼルではひどい天気でした。

V464 Casを観測していて新変光星KaiV77を見つけた

昨日ブログに書いたように、V464 Casの近くに食変光星が見つかりました。割に明るいし、ナンバーのついた変光星のすぐ近くなのでもう発見済みではないかと思いながらVSXでこの星の座標を入れて検索したが、そこには既知の変光星はないとのこと。

f:id:muttenz:20171215054530j:plain

食の底が平らですね。皆既食っぽいです。比較星は12.399Vですので、14.8ぐらいから15.3ぐらいの変光範囲です。

例のごとくASAS-SNのデータをダウンロードしてPDM解析。周期約0.424日のEWのようです。

f:id:muttenz:20171215054711p:plain

久しぶりに晴れた夜空でV464 Casの極小を観測できた

12月12日夜、友人宅に招待されているので、出かける前にV343 Lacを観測開始して行ったのですが、帰宅して見たら雲が途中で来たらしく望遠鏡がガイド星を見失いあちこちウロウロと探しまくって、とんでもないところを一生懸命撮像していました。したがってV343 Lacの観測は無駄でした。ひょっとしたら別の星野の新変光星でも見つかるかと探しましたがそれも見つかりませんでした。

以前V464 Casの周期を見つけその要素で出した予報によれば今夜半過ぎ23.779UTに極小があるので、これを観測することにしました。

f:id:muttenz:20171214054100j:plain

無事受かりました。

ASAS-SNデータと組んだ位相図です。

f:id:muttenz:20171214054731p:plain

ASAS-SNのデータによると、今回の極小の方が、フェーズ0.0より暗そうですね。もう一つの極小も観測しないとどちらが第一極小か決められません。

今回の観測の副産物で新変光星が一つ見つかりました。(上の図で左上の図中で赤字のVar.の左上の点に相当する星です。)おそらくEWでしょう。これについてはまた明日。

ASAS-SNデータを使ってKaiV52の周期を探す

昨年8月の終わりごろから10月ごろまでKZ Casの近辺を観測して、KaiV46から52まで新変光星を見つけました。その内46から49まではすでにVSXに登録されていますが、50から52の3つはまだ登録できていません。

muttenz.hatenablog.com

KaiV52はB-Vが2を超えるほど赤い星で(APASSで12.604V 14.703B)、赤外線できっと明るいのでしょう、VizieRにあるカタログを見るとAKARIの名前も出てきます。

昨年の観測データです。

f:id:muttenz:20171211063713p:plain

毎回観測の終わりに向かって増光しているように見えますが、これはおそらく比較星との色の違いで起こっていると思います。たとえVフィルターでの観測でも高度が下がってくると赤い星の方が光が吸収されにくく見かけ上明るくなるように見えます。(そういうケースが経験的に多い。)

しかし全体としてはっきりと長周期の変動が受かっています。

そこでASAS-SNのデータでこの周期が出せないかと思い、データを1000日分ダウンロードしました。昨年のデータから周期は20日ぐらいかと目視できます。

確かにASAS-SNのデータをPDM解析したら周期が、21.2262...日と見つかりました。

f:id:muttenz:20171211064408p:plain

ここで元期はたまたま切りよく2457000.0としましたが、ちょうど極大がフェーズ0.0になっていますね。

同じ要素で昨年の観測データで位相図を作ります。

f:id:muttenz:20171211064547p:plain

これでもASAS-SNの場合のように極大らしいところがフェーズ0.0に来ました。周期が正しそうですね。

両データを組み合わせて位相図を作りました。(ASAS-SNを0.12等明るくしました)

f:id:muttenz:20171211064758p:plain

かなり満足いく結果が出せました。

KaiV53をVフィルターでホンの少しだけ観測できた

今日は日中はきれいに晴れていて、日没後観測準備をして十数フレームを撮ったらもう雲がやってきて観測中止。天気は下り坂とのことで夜半前には雨が降り出すかもしれないので望遠鏡にカバーをかけなければなりませんでした。

わずかな観測ですが一応昨年のCフィルターの観測と比べてみました。赤い点数個が今夕の観測です。まあCフィルターでもとんでもない値にはなっていないようです。

一度もっときちんとV、あるいはさらにRcかIcで全位相をやりたいです。

f:id:muttenz:20171208070211p:plain

謎の氷柱? アイデア求む!

今朝は朝方に晴れ上がったらしく一面霜が降り、気温もマイナス4.2度まで下がりました。

朝、台所から道の方を見ると郵便受けの小鳥の水場にキラキラと輝く氷の小さな柱が見えます。誰かのいたずらだろうと思いながら見に行ったら、今まで見たこともないものでした。

f:id:muttenz:20171207090047j:plain

上から水滴が滴り落ちるようなところではありません。(そばの木の枝はこのあたりまでのびてはいないのです。)まるで注射器のような格好です。

f:id:muttenz:20171207090142j:plain

寒地にお住まいの方でこのような現象をご覧になったことがありませんか?

どなたかこの奇妙な現象を物理的に説明してくださいませんか?