muttenz's blog

スイス星空だより

KaiV57 昨晩のデータを入れて位相図

昨晩のデータを入れる代わりに、昨年のデータはクリアフィルターで観測したものだったので削除して、PDMで周期を求め、昨晩の観測から第一極小を求めて元期として、位相図を再作成しました。青が昨晩のデータ。

f:id:muttenz:20170822011121p:plain

第一極大の方が第二極大より暗いです。少しばかりオコンネル効果があるようです。

今晩もこれから観測します。そうしたらおそらく第二極小が受かるので早くも全位相が完成します。

KaiV57を観測していてもう一つ新変光星

昨晩、20日夜は観測開始時は綺麗に晴れて透明度、シーイングも良く大変期待したのですが、途中で雲が通過、明け方前にはベタぐもりとなりました。

しかし好条件で写野に写った星の数(muniwinが検出した星の数)は800を超えました。

f:id:muttenz:20170821161331j:plain

さらに一つ新しい変光星を見つけました。KaiV67

新変光星KaiV57の姿が見えてきた

muttenz.hatenablog.com

これの続きです。

このところの夜の晴れ方は、一応晴れていても雲がしょっちゅう横切ります。18日、19日の夜の観測は雲のせいで穴があいたり、スキャッターが多くなりました。それでも使えるデータだけでも使って、さらに昨年のCフィルターのデータを少し暗くしたものも加えて周期を求め、位相図を作ってみました。周期はもう一息改善できるでしょう。黒は昨年の発見時のデータ、赤は18日、緑は19日のデータ。

f:id:muttenz:20170821053134p:plain

まあ、こんな感じで、EBタイプでしょうか?

セバスチャンが見ると、どちらかと言えばEWと言うかもしれませんが。。

今晩は今のところ綺麗に晴れ渡っていて透明度もシーイングも良さそうで、良いデータが取れるかもしれません。

追記

上の位相図の元期と周期を少し改良しました。副極小の観測データが欲しいです。

f:id:muttenz:20170821060246p:plain

新変光星KaiV57を観測

昨年、11月29日の観測で見つけた白鳥座にある新変光星KaiV57を観測しました。

発見当時のブログの記事です。

muttenz.hatenablog.com

昨晩も雲がちょくちょくやって来る状態で、観測データも穴だらけだしスキャッターも多かったのですが、一応変光周期の半分くらいをとらえられました。まだまだデータ不足でこれでは周期も変光範囲も全く決定できない。観測続行です。

f:id:muttenz:20170818165627j:plain

 

久しぶりの観測

四週間日本で過ごして、一昨日スイスに戻ってきました。

日本では天文台巡りをして実に楽しかったです。個人の天文台から、美星天文台、倉敷天文台、岡山天体物理観測所、三鷹の古い天文施設など、規模、目的、時代など様々な観測設備を見せていただきました。それにいろいろな説明や体験談ご意見などを聞かせて頂いて、本当に楽しくみのり多い時間を過ごさせていただきました。快く見学をさせて下さった方々に心からお礼を申し上げます。

日本では観測したくてもできず、沢山の望遠鏡を見ると観測したくてウズウズしていたのですが、スイスに戻ってすぐの昨晩に幸運にも晴れました。ただ、望遠鏡は赤道儀から外してあったし、冷却カメラのファンがこの所動かなくなっていたのでそれを外してみたりして、かなり準備に時間がかかりました。

昨年観測、調査して周期や変光範囲などを見つけられたV931 Ophを手始めに観測してみることにしました。(雲の通過やら透明度の悪さから、CVは観測してもあまり良い結果は得られないのがはっきりしていました)

昨晩の観測データで昨年求めた要素を用いて位相図を作りました。副極小が受かり、ほぼ周期もあっていることが分かりましたが、あまり精度の良い観測はできませんでした。副極小の部分を見ると、ひょっとしたら周期はもう少し短いのかもしれません。

f:id:muttenz:20170815234332p:plain

ちなみに下のは昨年作成した全位相の位相図で、比較しやすいように上の図の変光範囲はこれと同じにしてあります。

f:id:muttenz:20170815234423p:plain

 

 

TCP J18154219+3515598再増光後のハンプの周期を求めてみた

昨日の続きです。

まあ、素人がやる計算の意味があるかどうかはともかく楽しみにやってみました。

まず減光しているので、それをlfitで平らにしてからPDMで周期を求めます。

f:id:muttenz:20170709172646p:plain

こちらは再増光前。

f:id:muttenz:20170707051736p:plain

ちょっと周期が長くなったように見えますが、まあハンプがいっぱい受かっているわけではないのでどの程度の信頼度かわかりません。

再増光前 "0.0618558 +/- 0.0000440"

再増光後 "0.0632261 +/- 0.0000467"

位相図を作りました。

f:id:muttenz:20170709172908p:plain

TCP J18154219+3515598が再増光

7月5日に観測した時は17等台ぐらいで大変に暗かったのが、6日夜に急に13等まで増光したというメールが来た。残念ながらその夜は曇られて観測できなかったが、昨晩7日夜(七夕)は月明かりが強いもののわりにきれいに晴れたので、観測。

これは5日のフレーム

f:id:muttenz:20170709015449j:plain

これが二日後、昨晩のフレーム(Vフィルターで撮ったので星の数は減っているが赤線の星ははっきりと明るくなった。

f:id:muttenz:20170709015604j:plain

これが測光データ。

f:id:muttenz:20170709015656j:plain

明るくなったものの、再びどんどん暗くなっているが、ハンプが次第に成長しているのがわかる。