muttenz's blog

スイス星空だより

NSV 3506について

数日前にMoriyamaさんがvsolj-obsへの観測報告にNSV 3506が通常より2等ぐらい暗くなっていますと書いておられました。

[vsolj-obs 70568] CCD変光星観測報告(2021/03/03) by Myy

それについてvsnet-eclに加藤さんがこのように投稿されました。

[vsnet-ecl 7965] NSV 3506: EA star with deep eclipses

NSV 3506: EA star with deep eclipses

   Moriyama-san noted a deep fading of this object.

ASAS-SN data:
https://asas-sn.osu.edu/sky-patrol/coordinate/7cad1a29-91bc-4de8-adc8-f13aacccbac1

   I obtained a period of 6.983378(3) d.  The eclipses
are 2.6 mag deep and total.  Secondary eclipses are
also visible.

VSXを見ますとNSV 3506についてのデータはポジション以外は何もありません。
そこで加藤さんが書かれたASASSNのサイトからデータをダウンロードし、さらにAPASSからもデータを得て、加藤さんが算出された周期をさらに下記のような方法で改善しました。

f:id:muttenz:20210307060342p:plain

第一極小付近の拡大図です。
図中緑はASASSNのVデータで青はASASSNのgデータで、赤がAPASSのデータとなります。APASSのデータポイントが一つ第一極小からの増光部分にあるので、それがうまく増光カーブに乗るように周期を決めました。その結果周期は6.9830日となり、元期にはMoriyamaさんが減光に気づかれた夜にしました。
全体の位相図です。

f:id:muttenz:20210307060912p:plain

APASSの光度にASASSNのV、gデータをそれぞれ+0.07、-0.08等ずらして合わせています。
VSXにこのデータ改訂を申請し、同時にセバスチャンにメールを書いたらセバスチャンは現在休暇中との自動の返事が来たので、当分申請は受理されないだろうと思っていたら今日受理のメールが来て少々びっくりしました。とにかく良かったです。
Moriyamaさん、加藤さん、お二人に心から感謝いたします。
VSXのURLアドレスです。

https://www.aavso.org/vsx/index.php?view=detail.top&oid=42130





Gaia DR2の年周視差にマイナスの値がある?!

先月、札幌の金田さんからメールでGaia DR2の年周視差にマイナスの値があるものがあるのですが、一体どう解釈すればよいのでしょうと質問をいただきました。

えーっ!?本当にそんなデータがあるのですか?とお尋ねしたらサンプルを送って下さいました。

f:id:muttenz:20210206194608j:plain

plxが年周視差のの列で、上から5番目、下から6番目、2番めなどにマイナスの値が見られる

無限遠より遠いことになる?全く理解できないのでセバスチャンにこの例を送ってどう考えればよいのだと尋ねたら、彼もよくわからないとのこと。このサイトでも参考にしたらと2つのリンクを送ってくれました。

ui.adsabs.harvard.edu

astronomy.stackexchange.com

2番めのサイトで更に次のアドレスが紹介されていました。

github.com

というわけで、Gaia DR2に年周視差がマイナスのデータがあるというのはもう知られた事実だったようです。

少々読んだくらいでは全然わからないので諦めましたが、星が非常に混み合ったところで起こるらしいです。なので星の取り違えが起こっているのではと私は想像しています。

VSXのV831 Aurの周期と変光範囲を改訂

1月16日に伊藤さんがVSOLJにV831Aurの観測報告をしておられ、その中で極小予報が4時間位ずれていて、極小観測ができなかったと書いておられました。VSX(GCVS)の元期や周期は2000年頃のでそれほど古くもないのに4時間のずれは大きいです。ひょっとしたらASASSNでもう正確な周期がでているかとVizieRをみたらASASSNは周期を出していません。V831 Aurは9等台で明るいのでこれならばKWSで良いデータがあるだろうと、Vデータをダウンロードして周期をPDMで出しました。

VSXにあった周期は0.87648で、KWSから得られた周期は0.876358で、0.000122日短いです。これは10秒あまりのことですが、20年も経つと4時間位ずれてしまったわけです。

そこでさらにAPASSデータとASASSNデータもダウンロードして位相図にしました。

f:id:muttenz:20210204060755p:plain

ASASSNのデータは黒ですが、かなりばらついている印象ですね。この星はASASSNには明るすぎてサチってしまっています。それでも極小部分の谷ははっきりと凹んでいて周期がこれであっていることがはっきりします。APASSデータ、赤もAPASSにしてはかなりばらついています。

昨日VSXに改訂申請を出して少し修正したら先程OKが来ました。

https://www.aavso.org/vsx/index.php?view=detail.top&oid=149576

Gaia DR2のGmag、BPmag、RPmagデータからVmagなどの推定値を得る

このテーマについて2019年3月にブログで一度書きました。

muttenz.hatenablog.com

その後新しい論文が出てそちらの方が使いやすいので、紹介します。

gea.esac.esa.int

2019年の手法だと方程式を解くというような手間のかかる方法でしたが、ここで書かれている方法では2次式で推定値を得ることができるのでずっと便利です。そして、その関係式の係数がどのように得られたかも多数の図ではっきり見ることができます。

タイトルにあるようにGaiaの測光システムと他の測光システムとの関係が扱われており、いわゆるJohnson-Cousinsのシステムばかりではなく TYCHO-2 や Hipparcos、SDSS12、2MASS、GSC2.3 などとの関係式もあります。

ここでは、Gaiaの測光システムから我々がよく使うJohnson-Cousinsシステムの推定値を得る話に絞ります。

肝心の関係式の係数は、文中ではTable 5.7 にあると書いてありますが、どうしたわけか印刷ミスで次の Table 5.8 に入っています。

f:id:muttenz:20210126195947j:plain

Josep M. Carrascoによる

上表の下部にG-V、 G-R、 G-I とBP-RPとの関係式の係数が書かれています。

式の形にしますと、例えばVに関しては

G-V = -0.01760 + (-0.006860) * (BP-RP) + (-0.1732) *  (BP-RP) ^2

となります。これを変形して

V = G + 0.01760 + 0.006860 * (BP-RP) + 0.1732 *  (BP-RP) ^2

でGmag、BPmag、RPmagからV等級の推定値が得られます。同様にR、Iの場合も係数を変えれば得られます。

この関係式はVSXのセバスチャンが私に送ってくれたスプレッドシートの中にある式と全く同じでしたので、彼にも信用されている関係式です。なお、この式を適用できる範囲として Table 5.9 に - 0.5 < BP -  RP < 2.75 とあります。

ただ、セバスチャンが注意してくれましたが、この式で得られる値はあくまでも関係式による推定なので、非常にデリケートな問題をこのデータで議論することはできないとのことです。

実際に私がGaiaデータからVに直して使っているのは、山本さん発見の変光星の場合のように周囲にある微光星の光度をV等級で出して、ASASSNデータから引き算するるためにだけです。

 

付記(2021年1月27日)

フェースブックの方で大島さんからご注意をいただきました。ブログのほうだけご覧いただく方のために、ここに大島さんのご注意をコピーしておきます。ブログの記事も「変換式」を「関係式」に直すなど数カ所表現も変更いたしました。

大島さんありがとうございました。

「変換」「変換式」という用語は使わない方が良いと思います。
注意を要するとセバスチャンが言うように、この元記事のタイトルを見るとわかるように、ここで扱われているのは変換目的のための「変換式」ではなくて、あくまで「関係」を調べてそれを表す式です。この関係式だけが独り歩きすると問題を引き起こすと思います。図の方をみれば明らかなように、決して1対1の対応とは言えません。図の広がりとtableの右端のσもセットで考えないといけません。(GとVの関係で言えば、ざっと3σ=0.15等程度かと思うだけですが、図の方をみると1等級の範囲に広がりがあることがわかります)
 あくまで参考のために、別の測光システムの等級に直してみるくらいに留めるのがよいと思います。

 付記(2021年2月1日)

上記のコメントに続いて大島さんがフェースブックでさらにコメントを書き加えてくださったので、それもこちらに転記したいと思います。大島さん、ありがとうございました!

いえ笠井さんの場合は、ちゃんとセバスチャンの注意を書いているので良いのですが、実は以前に何の注記もなしに、別な測光システムとの関係式を変換式として提示し、ソフトの中でも使うというWebがあったので、これは困ったなあと思った経験があったもので、つい力んでしまいました。
 そのような需要(自分の観測の整理に、使っている測光システムでの比較星がない、他の測光システムの値ならあるといような場合)が多いのは、よく分かるのですが、そのような場合に安易に使いすぎると系統的誤差の元になるので、樹分できちんと測光標準星と一緒に観測するまでのつなぎとして臨時に使うなど、あるは、誤差が大きくても良い場合に使うとか、問題があることをわかった上で問題にならない範囲で関係式を使うのがよいということが広まればよいなあと思います。

山本さんが発見された YmoV31 をVSXに登録 (3)

前回書いたようにASASSNデータを修正する必要がないので、gデータだけを少しずらしたデータ(このシリーズ初回のブログ参照)をPDMにかけて周期を探したら246日が得られました。

APASSにデータがないか探しましたがたった一つの測定値しかありません。しかしそれでも位相図に入れる意味があります。このAPASSデータは観測した日付がASASSNデータとはかなり離れているので。周期を変えて位相図を作ると位相図の中で大きく動くからです。

周期を一日ごとに増やしたり減らしたりして試みましたが、結局最初に得られた246日が最善でした。

一番明るくなった日を元期とし、246日を周期として作った位相図です。

f:id:muttenz:20210125014329p:plain

APASSデータは赤で、ライトカーブに良く乗りました。

VSXに登録するにあたり変光星の変光範囲が必要ですが、ASASSNデータには16等付近までしかありません。そこでVSXのセバスチャンにメールで尋ねたらPan-STARRS1に16.7 Vの 暗いデータがあるとのことで、極小光度は16.7等以下とすることになりました。
その問い合わせのメールで、この変光星の名称にYmoV31を使いたいと書いたのですが、ATLASで一応見つけているのでタイプも周期も外れていたがATLASのIDを使ってほしいと言われ、残念ながらそれに従わなければなりませんでした。

しかし発見者は山本さんになりました。それから今気がついたのですが、VSXに送った位相図とライトカーブ図のタイトルにはYmoV31と書いたままでした。。。。

 

数日前のYmoV31の記事に山本さんがコメントを下さいました。

変光しているのに誰にも気が付いてもらえない星はかわいそうです。」

この方は変光星をこれほどに愛でておられるのだなぁと感動しました!

 

1月19日に登録申請して、ちょっと修正の後OKになりました。

山本さん、おめでとうございます!

 

このVSX登録の後ではたと前原さんのKWSのデータがないだろうかと思いつき、ダウンロードしました。Vデータはなかったのですが Ic データがかなり沢山あります。登録した要素でどんな位相図ができるか、興味津々で作ってみました。

f:id:muttenz:20210125020145p:plain

前原さんのKWSから得たデータを使ったYmoV31の位相図

極大が見事にフェーズ0.0に来ました!このミラ型変光星の周期はかなり安定しているものと思われます。

山本さんが発見された YmoV31 をVSXに登録  (2)

YmoV31はへびつかい座にあって天の川のなかで周囲は星だらけです。

ミラ型のように変光範囲が大きいと周囲にある微光星の影響も無視できません。というのは変光星が暗くなった時期のASASSNデータは、周囲の微光星の光を変光星の光と区別できず、変光星の光度として測光することがあるからです。前回VSXに登録した山本さん発見の変光星YmoV30の場合は比較的明るい星が周囲にあってその影響を取り除くのにかなり手間取りました。

muttenz.hatenablog.com

YmoV31の周囲はというと、ありがたいことにVで18.4等より明るい星が周囲にはありません。(正確にいうと変光星から半径17秒より外の星はASASSNデータの測光に影響しません。ただし非常に明るい星はもっと遠くでも影響しますが。)

f:id:muttenz:20210123200302j:plain

YmoV31周辺のDSSの青画像(Aladin)

YmoV31の左の方にある明るめの星まで約32秒角です。

f:id:muttenz:20210123200449j:plain

YmoV31周辺のDSSの赤画像(Aladin)

YmoV31が赤いのが良くわかります。そのすぐ左にほとんど重なっているオレンジ色の暗い星はYmoV31に極めて近いですが、V18.5等なので16等以上のデータにはほとんど影響ありません。

このような微光星のV等級データはUCAC4などでも全く記載がないので、Gaia DR2のデータから算出します。(これについてはいつか別に書きます。)

山本さんが発見された YmoV31 をVSXに登録 (1)

昨年末に個人的に山本さんからメールを頂き、長周期の変光星 YmoV31 (山本さんが個人的に付けておられる仮名称)を見つけたが新変光星だろうかとのご相談を受けました。

VizieRで検索してみると、ATLASで変光星として登録されていますが、タイプは IRR (Irregular)、周期は491日となっています。

今年に入ってASASSNデータをダウンロードしてみました。

f:id:muttenz:20210122152351p:plain

ASASSNのデータで、Vフィルターとgフィルターのデータが混ざっています

黒の小さな逆3角形は星が検出されず、その光度より暗かったことを示します

Kochanek, C. S.; et al., 2017

 

上の図で緑がVフィルターデータで他の色のがgフィルターですが、gのデータを0.77等明るく移動するとピッタリとつながります。

f:id:muttenz:20210122152818p:plain

最初の図中のgフィルターのデータを0.77等明るく移動した(水色)

8400付近でVとgのライトカーブがうまく重なる

 

全部のデータで周期解析をしてみますと、かなり安定した周期246日を持っており、IRRのタイプは当たらないようです。変動幅も大きいのでミラ型がほぼ確実です。

というわけで、ATLASに記載のタイプも周期も間違っていることが確かになり、VSXの規定で山本さんに発見のクレジットが与えられることになります。

ちょっと不思議なのはASASSNデータがこれほどはっきりしているのにASASSNの変光星データベースに載っていないことです。