muttenz's blog

スイス星空だより

3つの測光ソフト、AIP4WIN、Muniwin、AstroImageJを実際に測光して比べてみた

今年の変光星観測者会議の集録に、鈴木仁さんがAstroImageJの使い方を大変丁寧に詳しく書いてくださったので、実際に使ってみることにしました。鈴木さん、どうもありがとうございました!

(ここから集録をダウンロードできます。http://vsolj.cetus-net.org/VSCong2017.pdf

そこで、使い慣れている二つの測光ソフトと実際に測光して比べてみることにしました。測光には昨年12月28日にV343 Lacを観測したフレームを使いました。ダークやフラットの処理はすでにしてあります。

星のアパーチャーサイズは(ほぼ)4(Muniは3.8)、スカイは7、11です。

得られたライトカーブです。DSCTのような0.03等ぐらいの変動が受かっています。これについて永井さんが同じ集録で書いておられます。

AIP4WIN

f:id:muttenz:20170920033340p:plain

Muniwin2.1

f:id:muttenz:20170920033457p:plain

AstroImageJ (remove star from backgroundのオプション、オン)

f:id:muttenz:20170920033615p:plain

AstroImageJ (remove star from backgroundのオプション、オフ)

f:id:muttenz:20170920033709p:plain

こう見ると、どのソフトでもかなり同じような結果が出ています。ただ、AstroImageJのオプションをオフにすると、今回比較星のそばのスカイのアパーチャーに入っている星の影響が出て、少々ライトカーブが明るく算出されてしまうようです。

各フレームでのアパーチャーの置かれ方(星の追跡のされ方)ですが、AIP4WINでは、V、 C1、C2の星々をそれぞれ独立して追跡させました。

Muniwinでは最初に各フレームから星を検出して星の配置からフレームをアラインメントし、検出された全部の星の測光をするので、星が移動しても、望遠鏡を反転してもほぼおなじ写野であれば、一晩であろうが幾晩であろうが観測フレームを全部入れて測光しても問題ありません。(これが非常に便利です。たとえ雲の通過でほとんど写っていないフレームがあってもそのフレームが測光されないだけで、そこで測光が中断されるということは起こりません。)(ただすごい量を入れると計算が遅くなったりしますので、程度問題です。)

AstroImageJではAIP4WINと似たやり方ですが、必要ないフレームを一旦入れたスタックから削除するのが大変やりやすく、その点ではAIPより良い感じです。(AIPだとせっかく連続測光しているのが中断したり、ソフトがダウンしたりして不便です。)

測光のデータとしてはどれも同じような結果が出たのでどれも信頼できるものと思いますから、後はどれを選ぶかは個人的な使い勝手や使用目的によると思います。(変光星探しにはMuniwinが圧倒的に便利です。)

 

KaiV70 これはちょっと変わっている?

muttenz.hatenablog.com

これの続きです。

KaiV70は観測してもほとんど変光していません。それだけに変光を見つけるために、天気がひどいのですが、それでも雲の晴れ間をねらって少しずつデータを集めています。

何度か減光、増光が受かっていました。PDMで周期を探してみると1日と2日の間で二つ有力な候補が見つかりました。それぞれの位相図です。

f:id:muttenz:20170917060507p:plain

f:id:muttenz:20170917060530p:plain

当初、EAだろうと思ったのですが、平常光度よりこんなに明るくなるときがあるEAって、あるでしょうか?特に2番めの位相図だと面白いです。減光から復光して平常光度を通り過ぎてもっと明るくなってから減光して平常光度に戻っています。

ちょっとあまり考えられないような位相図なので、3.3等あたりから減光している部分で比較星が暗くなっていなかったかどうか、チェックの必要があります。

追記

気になったので、もう一度その夜(8月20日)のフレームの測光を見直しました。比較星が暗くなったり変光している様子は見られません。よって、KaiV70の変光はリアルです。この星もBYなんでしょうか?

KaiV57付近でさらにもう一つ新変光星

この所、KaiV57を観測していて、KaiV68、69と二つ新変光星を見つけましたが、その解析作業中にもう一つ見つけました。KaiV70

これは昨年のV337 Cygの観測フレームから見つけました。

f:id:muttenz:20170914014201j:plain

今年の観測フレームでも変光が受かっていました。

f:id:muttenz:20170914014248j:plain

EAっぽいですが、もっとデータが必要です。

残念!

新変光星かと思ったらもう登録されていた!

一昨晩、7日夜、例のごとくKaiV57付近の観測をしたら、雲が通過してオートガイドは星を探してウロウロ。別の星野を撮影していました。かなり枚数があるのでそこで変光星探しをやってみました。

f:id:muttenz:20170909233707j:plain

かなり明るい星です。なのでKWSにも使えるデータがあるだろうとダウンロードしてPDMで解析したらなんと食変光星!

f:id:muttenz:20170909233836p:plain

10等台なのでもう登録されているだろうとVSXを見たら、案の定HATNETというケプラーのデータを使ったサーベ―で見つけられていました。

https://www.aavso.org/vsx/index.php?view=detail.top&oid=140447

http://adsabs.harvard.edu/abs/2004AJ....128.1761H

昨日の新変光星KaiV69の(とりあえず作ってみた)位相図

今までKaiV57を観測したフレームを見直してみたら、KaiV69を何回か写していました。

それらのデータでとりあえず位相図を作ってみました。周期はこのぐらいだろうと言うだけで、本当にそうかどうかはわかりません。

f:id:muttenz:20170829000311p:plain

周期ほぼ0.7日ですね。

KaiV57,KaiV68を観測していてもう一つ新変光星を見つけた

8月25日に観測したフレームから変光星らしいのを見つけました。

f:id:muttenz:20170828000709j:plain

高度がかなり低くなって減光しているので比較星との色の差かもしれないと思いましたが、昨晩26日の観測では全く違った光度変化をしているので、これは変光星です。

KaiV69にします。

f:id:muttenz:20170828001038j:plain

昨年11月の観測したフレーム(KaiV57を発見した時の)をもう一度見直したら変光が受かっていました。当時見落としたようです。

 

f:id:muttenz:20170828001222j:plain

今まで古いmuniwinを使っていたのですが、新しいヴァージョンも使い始めたらこちらのほうが変光星を見つけやすいです。上のフレームには1000以上の星が検出されました。

なお3つの図中、比較星が異なっていますが、測光ではもちろん同じのにします。

KaiV68の続き

毎晩観測してますが、ホンの少しずつしか位相図は変わりません。

昨晩、25日夜にようやく別の極小(第二極小と言いたいのですが、ひょっとしたらこちらの方が今まで受かっていた極小より暗くて本当は第一極小かもしれません)が受かりました。

f:id:muttenz:20170827064308j:plain