muttenz's blog

スイス星空だより

不思議な変化を示すKaiV67

KaiV67についてはこれまで数回報告しています。

簡単に要約しますと、2017年TCP J20100517+1303006を観測していて見つけた変光星で、その後、昨年までの観測で周期はほぼ5日のEAということになりました。

下図で青はClearフィルター、緑はVフィルターによる観測データ。

 

f:id:muttenz:20200801175752p:plain

2019年までの観測データから作成した位相図

昨年はVフィルターで観測したのですが、この星は暗いのでどうしてもスキャッターが多くなります。しかも今まで食の底が受かっていないので、今シーズンはClearフィルターで観測することにして、6月21日に観測を再開しました。予報どおりに7月13日と18日には第一極小が受かりました。(下は第一極小付近の位相図。緑、13日、青、18日)

f:id:muttenz:20200801183420p:plain

7月13日と18日の第一極小の様子 食の底がはっきりと受かりました。

 

そこで位相図を作って見て困ってしまいました。

f:id:muttenz:20200801181139p:plain

今年6月21日から7月18日までの観測データから作成した位相図

位相、0.6-0.7あたりにあるデータ(これは6月21日の観測データなのですが)が極小後の最大光度よりはっきりと暗いのです。比較星が変化したのかと調べましたが問題ありません。ひょっとしてなにかのエラーかと思いながら観測を続けました。

そこに倉敷の赤澤さんが観測データを送ってくださり、ちょうどその問題のフェーズあたりでした。そうしたら赤澤さんのデータも同じように最大光度よりはっきりと暗いのです。

f:id:muttenz:20200801182309p:plain

赤が赤澤さんが送ってくださったデータ

これで、6月21日のやや暗めのデータが何らかの誤りではなさそうと考えられることになりました。赤澤さん、ありがとうございました!

こうなるとこの位相図はちょっと今まで考えていた単純なEAではなさそうで、昨年までの位相図からの変化は明らかです。

先程、昨晩までの今シーズンの観測を全部入れた位相図を作りました。

周期がほぼ5日なので極小ごとに色を変えてあります。同じフェーズ付近が繰り返して観測されていて、ほぼ同じ光度というのがわかるようにデータ点の大きさをかなり小さく取りました。

f:id:muttenz:20200801183033p:plain

今シーズンのこの位相図だけを見せられたら脈動変光星、ケフェイドタイプかなと考えられるのですが、最初に載せたように昨年までの位相図は完全に食変光星のものです。

今シーズン、残念ながら第一極小への減光が全く捉えられていません。

この星がはっきりと減光しているのは2017年と昨年と2回受かっています。

f:id:muttenz:20200801184114j:plain

2017年の減光

f:id:muttenz:20200801184203j:plain

2019年の減光

この減光の様子から脈動タイプ、Rotタイプはありえないと考えられます。

おそらくこの変光星はEAタイプで黒点が今年は非常に活発にできているということでしょう。とにかく大変に面白い星です。ただかなり暗いので条件が良くないと使い物になるデータが得られません。

なお、この変光星はVSX、ASASSNには記載はなく、ATLASでは全く外れの周期でDubiousとなっています。

Neowise彗星 その後

前回のブログ投稿の後、13日早朝はきれいに晴れました。3時半ごろに起きて玄関を開けるとちょうど正面にNeowise彗星がまっすぐ垂直に立って見え素晴らしく幻想的な眺めでした。家からすぐ前の私道に入って撮影したので、早朝に家人に怪しまれて警察にでも電話されないか少々ビクビクしての撮影でした。

f:id:muttenz:20200713030306j:plain

7月13日4時頃 Canon EOS Kiss X7 55mm F5.6 ISO800 4sec

次の日、14日朝も期待したのですが雲がかなり通過してその隙間から垣間見る感じです。撮影する方向はもう分かっているので、今回は玄関の前にカメラを三脚に載せ、自動撮影で毎分一枚セットして28cmの望遠鏡の方にかかりきりでした。後で見たらモミの木の影から彗星が出てくるのが写っていました。

f:id:muttenz:20200714021209j:plain

7月14日3時12分

その後かなり頻繁に雲が襲来。隙間から時々彗星が顔を出します。

f:id:muttenz:20200714031001j:plain

7月14日4時10分 右の方の雲の間に見えます。

この日以降は天気が崩れ、再び彗星を見られたのは先週末の土曜日夕方でした。薄雲があり、今度は方角が北西になってバーゼル市のある方向で空が明るく肉眼では見られず、双眼鏡でなんとか見られる程度。写真も撮影しませんでした。

日曜日、19日夕方、通常の観測準備をして10cmの望遠鏡はもう撮影を開始していました。しかし、ひょっとしたら我が家の庭から見られないかと気付き双眼鏡で探したら今日は割にはっきりと見えます。そこで10cmの変光星観測は中止して、彗星を撮影しようと望遠鏡を向けますが肉眼ではあまり見えないので導入に苦労しました。なんとか導入に成功した頃には彗星は隣家の樹にどんどん近づいてしまいます。それでも成功した数枚の一枚。右下隅はだんだん近づく隣の樹の影。

f:id:muttenz:20200719214022j:plain

7月19日22時40分 10cm反射 F6 Canon EOS Kiss X7 ISO 1600 8sec

昨夕、7月20日はなかなか西方の雲がのいてくれません。日本でもどなたか書いておられたようによりによって東の空はきれいに晴れているのにです。ダラダラと線状曇雲帯が次から次へとやってきました。彗星がもうかなり低くなったころ、ようやく雲の切れ目ができて10cmで数枚撮れました。

f:id:muttenz:20200720215539j:plain

7月20日22時55分 撮影機器など19日と同様

28cmの方はしばらく隣の煙突に邪魔されましたが数枚続けざまに撮れました。

f:id:muttenz:20200721183837j:plain

7月20日23時09分 28cmSC 2秒露光 

ピント合わせをしている余裕がなくボケボケですがお許しを!

日本でも早く梅雨が明けて、天文ファンのみなさんがこの久しぶりの明るい彗星を見られますように、祈っております。

スイスでもNeowise彗星が見えた!

昨夜は24時頃からまずKaiV101を反転する頃まで観測し、望遠鏡を止めるために朝4時に起きました。すぐに二階の北側にあるトイレの窓を開けてNeowise彗星が見えないか、あまり期待しないで見たらなんと向かいのアパートの左に見えるのでびっくり。そこで、まずCYGSSの観測を開始してから自分の部屋に移り(こちらのほうがやや西に位置するのでアパートから彗星がやや離れる)とりあえず窓ガラス越しで手持ちで撮影。

露出時間やらISOなどを考える間もなく撮ったので見栄えはよくありませんが、目では遥かにはっきり見えました。アパートの軒の高さくらいでその左に見えます。

f:id:muttenz:20200712031726j:plain

ガラス越し三脚なしの手ブレ撮影です

 

急いで三脚などを持って近くのサッカー場に行こうかと思ったのですが、どんどん明るくなり始めたので慌てて家の前の歩道から写しました。

f:id:muttenz:20200712033028j:plain

薄明の空が明るくなっています



双眼鏡で眺めても見事ですが、肉眼で十分に堪能できました。名寄の佐野さんのような写真は撮れませんでしたが、とりあえず報告です。

昨年VSXに登録したKaiV39のデータを改訂

KaiV39は小熊座にあり赤緯も79度と北極星の近くになります。この変光星は2016年にASASSN-16hbを観測中に発見したのですが、大変に暗い星で、その後観測は昨年までしませんでした。

f:id:muttenz:20200610052653j:plain

2016年7月発見時の画像

しかしせっかく見つけた変光星、うかうかしているとATLASなどが発見登録するかもしれないので昨年さらに2回観測してかろうじて周期、変光範囲など決めてVSXに登録しました。

f:id:muttenz:20200610052918j:plain

昨年5月の2回の観測画像

f:id:muttenz:20200610052422p:plain

昨年5月にVSXに登録した時の位相図

自分としては精度に不満があったので今年良い天気がかなり続いたので観測を続け一応満足いく結果を出せました。

f:id:muttenz:20200610053105j:plain

ほぼ毎夜観測できて第一極小、第二極小がはっきりとわかります

上の位相図の要素だと今年のデータはかなりはずれてしまうので、周期を改善し元期も今年の第一極小観測から得たものを使ってVSXのデータを改訂しました。

下図で黒が2016年の、赤が2019年の、緑が2020年の観測データ。

f:id:muttenz:20200610053442p:plain

今回VSXのデータ改訂に提出した位相図

V等級で17等台と大変に暗いのでCフィルターで観測し、差光度と比較星のRc等級で光度を算出しました。その場合AAVSOの決まりでCR等級の表示となります。
カタログ(ASAS-SN、ATLAS、Gaia)に記載はありません。

久しぶりにCVの観測 GP CVn

先週はずっと雨が続きましたが、また晴れの天気になり、3晩続けてGP CVnを観測できました。

このCVは食がありライトカーブは深い食で区切られます。

f:id:muttenz:20200519073042j:plain

5月16日のライトカーブ

3晩のライトカーブです。

f:id:muttenz:20200519073137j:plain

伊藤さんが観測されているのと合わせて周期を出してみたら、0.0629263(90)が得られました。VSXには0.06295041とあります。

伊藤さんが発見された新変光星2つをVSXに登録!

伊藤さんがMASTER_OT_J061642.05+435617.9の観測中に発見された新変光星2つをVSXに登録できました。

ItohV03はDSCTタイプで変動も小さいのでサーヴェーにも引っかかりにくく、新変光星は明らかで、周期を見つけ割とすんなりと登録できました。

f:id:muttenz:20200418041352p:plain

もう一つの新変光星はEAタイプで、伊藤さんがある日増光しているのを発見しその後観測を続けられたらどうも周期が1日あまりらしいとわかりました。その周期だと極小付近ばかりを観測することになるので、お手伝いすることにしてスイスでも計3回観測しました。周期を1日あまりとした場合の第2極小が受かるかどうかやってみましたが第2極小の時刻にはスイスでもほとんど星が沈んでしまうのでかなり難しい状況でした。結論からするとどうも変動はなさそうでした。

この星はEAなのにASAS-SN VSDBに記載はなく、ATLASではdubiousとなっていて周期も2.5日と完全にハズレているので、VSXの規定でこの場合は発見のクレジットは伊藤さんになります。

ASAS-SN VSDBに記載はないのですが、ASAS-SNのデータをとって周期解析をしたらかなりはっきりした位相図になりました。伊藤さんの観測データと組み合わせることによって周期も精度を上げることができました。

2倍の周期、2日あまりの可能性もあるのですが、伊藤さんの観測されたデータで第一極小と第二極小の差があるかどうかは確実には判定できません。その段階でセバスチャンに意見を求めたら一応極小値が2つあるようなので周期として2日あまりを取ることにしました。これがその位相図です。

f:id:muttenz:20200418043213p:plain

ATLASがほとんどの変光星を見つけてしまっている今日の状態で、EA、しかもこれほどの短周期の食変光星を見つけられたのは素晴らしいことです。

伊藤さん、2つの新変光星発見、おめでとうございました!

昨年6月に変光星観測者会議でMuniwinのソフトのことなどを紹介して変光星を探そうと講演したのですが、その直後にATLASのデータが公開されて、講演の意味はなくなってしまったと少々がっかりしていました。しかし伊藤さんはその講演を聴いて以来観測データを変光星がないかチェックしておられ、今回の発見に至ったそうで、私にも大変に嬉しい出来事でした。

金星とプレアデス 4月3日夜

金星がスバルに最接近したのは4月3日の夜で、天気に恵まれてきれいに見えました。

f:id:muttenz:20200403210936j:plain

撮影機器、露光時間などは2日と同じ。2020年4月3日19時11分(UT)

このところ実に良い天気が続いていて、コロナヴィールスの感染拡大を少しでも抑えるための外出を控えるのを守るのが皆難しそうです。