muttenz's blog

スイス星空だより

KaiV61 昨年12月に見つけたDSCT型の新変光星 続きの続きです

昨年12月にやった観測と今年9月から10月にかけてやった観測データ全部をPeriod04にいれてフーリエ解析をしました。出てきた振幅が大きめ(0.01等以上)の周波数は今まで見つかったものとそれほど違う値ではありません。 F1、F3は昨年そして今年のデータか…

ASAS-SNデータでカシオペア座の周期不明の食変光星の周期を探そう V458 Cas

V449 CasのデータをASAS-SNからダウンロードしたのですが、暗すぎるらしくfainter than ばかりでダメでした。 次の番号、V458 Casは大丈夫です。PDMで0.1-1.0日、1-10日の範囲で周期を探しました。 0.1-1.0日では 一応見られる位相図ですが、しっくり…

ASAS-SNデータでカシオペア座の周期不明の食変光星の周期を探そう V431 Cas

今日はV431 Casを調べました。 例のごとく、データをASAS-SNからダウンロード。PDMで0.1-1.0日と、1-10日の範囲で周期を探します。それらしい周期が見つかりました! ひょっとしたら2倍の周期かもしれません。 この星のすぐ近く(10")にほとんど同じく…

ASAS-SNデータでカシオペア座の周期不明の食変光星の周期を探そう V371 Cas

時々この仕事の方も進めています。今回はV371 Cas。 1943年の発見のようで、周期が未知です。 ASAS-SNからデータをダウンロードして、PDMで0.1-1.0日、1-10日と探しました。 VSXの元期で作ると極小が随分外れます。 とりあえず、一番暗いデータを極小に…

KaiV61 昨年12月に見つけたDSCT型の新変光星 続きです

昨日は今年9月から今までの観測データを解析した結果を書きましたが、今日は昨年12月の観測データを解析しました。昨年、今年と共通な点もありますが、随分と異なる点もあります! 昨年の観測データをフーリエ解析した結果です。 比較のために今年のを再度載…

KaiV61 昨年12月に見つけたDSCT型の新変光星

昨年12月にV343 Lacの観測中にこのKaiV61を見つけました。 変光範囲は狭いですが周期が短いたて座デルタ型(DSCT)の脈動変光星です。 面白いのはこの波形が時には随分と変わるのです。下のライトカーブは今年10月18日のものです。 これはこの変光星の脈動が単…

GT Lacの要素改訂がVSXに受理されました!

ASAS-SNのデータを使って周期を見つけた縁で、自分でも観測をして周期をもっと精密に求め、位相図を完成し、VSXに改訂案を送り、今日ようやく受理されました!こう書けばたった二行ですむことですが、随分と大変でした。 完成した位相図。。 改訂されたGT La…

久しぶりにV343 Lacを観測

このところ、V443 Cas の観測に時間を取られていましたが、一応大体の様子がわかってきたので、またV343 Lacの観測をしました。食外のはずで、特に食など派手な変光がある時ではないとわかっています。むしろDSCT的な小さな変動を観測したかったわけです。 …

V443 Casの続きです

muttenz.hatenablog.com これの続きで、昨晩周期を2.74..日とした場合のフェーズ0.5付近を観測できました。期待通り、減光が受かりましたので、それが第二極小と思われ、周期も2.74...日に確定でしょう。 倉敷の赤澤さんにお願いして、先日極小を観測してい…

MX Casの周期をASAS-SNのデータで求めた

カシオペア座の周期不明の食変光星の周期をASAS-SNのデータで求めてみようと、手始めにV443 Casをやったわけですが、次にMX Casというのをやってみました。 GCVS、 VSX、 Krakow、 O-C Gatewyどこをみても周期は記載されていません。 ASAS-SNからデータをダ…

天体観測に熱心な蜘蛛?

今年の春頃、CCDカメラの冷却具合が悪いのに気がついて、よく見たら冷却ファンが動いていません。以来、とりあえず冷却を弱くしてなんとかしのいできました。その話をこの夏倉敷のAさんにお話したら冷却ファンをひとつ分けてくださいました。ありがたくスイ…

V443 Cas 昨日の続きです。

27日夜もひどい天気でしたが観測を開始しました。だんだん良くなってなんとかある程度の時間観測できました。食外のみになることはわかっていましたが、周期を2.74...日とした場合のフェーズ0.5あたりまで観測できるかもしれないという思惑がありました。…

V443 Casの極小を観測できた

一昨日のブログに書いたように、自作の予報で26日夜19.11時UTに極小があるはずでした。 薄雲がずーっと広がる状態で良いコンディションではないです。それでもなんとか極小が観測できました。暗い星ですしスキャッターが多いものになってしまいました。 実…

10月13日に発見したKaiV72をVSXに登録できました。

10月12日夜のGT Lacの観測フレームから13日に発見した新変光星KaiV72 = 2MASS J22310071+4555004を今日VSXに登録申請し、受理されました。発見から登録まで2週間でできたのは速かったです! 以前、ブログに掲載しましたが、位相図です。 登録42個め…

V443 Cas 昨日の続きです。

古いepochを使っていたのでは、これからの予報を出してもあまりあてにならないので、最近ASASSNで暗かった時を元期にして周期も2.7..日の2倍にして、予報を作りました。 その要素でASASSNのデータで作った位相図です。 この要素で出した今月の極小予報です。…

カシオペア座の周期不明の食変光星の周期をASASSNデータで探そう

先日、ASASSNのデータのお陰で蜥蜴座の周期不明の食変光星のほとんどで周期を見つけることができました。 蜥蜴座の次のカシオペア座の周期不明の食変光星で同じようにやってみようと思いました。 以前からもう調査中のが一つあります。V443 Casという食変光…

昨シーズンのV343 Lacの観測フレームでKaiV75をみてみた

昨年12月から今年1月始めにかけてV343 Lacを12回観測していますので、ひょっとしたらKaiV75のフレアーが見つかるかと、12回の観測フレームを全部見直しました。。。 かなり大変でした。が、結果はゼロ! 昨シーズンは観測時間が割に短いことが多かったの…

V343 Lacの近くの星でフレアーを観測できた?! 続き

今回見つかったフレアー星、変光星には違いないのでKaiV75と番号をふりました。 昨年12月からV343 Lacを何度も観測していますので、観測フレームを見直してみることにしました。 とりあえず、今シーズンの観測から2回フレアーらしい増光を見つけました。 …

V343 Lacの近くの星でフレアーを観測できた?!

昨晩、19日夜は天気予報も悪いし、暗くなる頃に快曇だったので観測の準備は全く考えていませんでした。寝る前に念のために外を見たらなんと晴れています。急遽望遠鏡のカバーを外し、コンピュータを接続して観測開始しました。 観測して良かったです!V343…

V343 Lac の周囲の新変光星

昨年12月にV343 Lacの周囲でKaiV58からKaiV62まで5個の新変光星が見つかりましたが、ここ二晩続けてV343 Lacを観測できたおかげでさらに二つ新変光星が見つかりました。KaiV73、 KaiV74です。 KaiV73 下の全体図でEW?と記入しましたがミスで、DSCTタイプで…

GT Lacの第一極小の問題が解決した!

昨日書いたように、今までGT Lacの第一極小付近を3回観測できましたが、最初の観測データが他の2回よりも明るい問題、ファイルがうまくできていなかったのが原因でした。 どうしてか、変光星と比較星の差測光のデータ列が抜けていて、変光星とチェック星の…

昨晩のGT LacとKaiV72

ここ一週間、毎晩晴れています。天気予報ではそれも明日までで、その後はずーっと曇りか雨。楽しみにしていた10月22日のV343 Lacの極小観測はダメかもしれません。 昨晩はまたまたGT Lacを観測、そろそろこれでVSXに報告出来るかもしれません。また第一極小…

再度GT Lacの主極小を観測できた

この食変光星は周期が0.8日あまりなので数日でほぼ全位相が観測できます。昨晩にはまた主極小が観測できました。 雲のせいで減光部分に穴が大きくあいてしまいました。 位相図です。 水色が昨晩の観測なのですが、極小のあとの平常光度に復帰したあたりの光…

V343 Lacの極小への減光を観測できた

この食変光星の周期は以前書いたように、ASASSNのデータのお陰で12.9427...日と判明しました。その半分の6.47日ごとにほぼ同じくらいの深さの極小があります。その一つが10月15日8.26時(UT)にありました。スイス時間だと午前10.26時となり、もちろん明るくて…

GT Lacの近くで見つけた新変光星 KaiV72

昨日GT Lacの近くで新変光星を見つけたと書きましたが、それにKaiV72の番号をふりました。ちゃんとライトカーブがかけるかと心配するほどかなり暗い変光星です。 ここ三晩の観測です。 10月11日 この時は変光星とは思わなかった。 10月12日 このライトカーブ…

GT Lacを更に観測

昨晩、12日夜も綺麗に晴れました。友人宅に呼ばれていたので帰宅してから観測を始めて開始は23時頃でした。計算では第二極小が未明にあるはずでした。 無事に受かりました。一昨日には気が付かなかったのですが、一つ新変光星を見つけました。もう一つ相…

ASASNのデータから得られた要素でGT Lacの極小を予報、そして観測できた!

この所蜥蜴座の食変光星の周期を探した中で、一番周期が短いGT Lacを観測してみたくなりました。極小の予報を作ったら、昨晩の19時(UT)ごろにあるはず。天気も良くなって無事観測できました。 Hoffmeisterの観測(1965年2月8日)以来の極小観測で、じつに52…

周期不明の食変光星の周期がASASSNのデータでどんどん見つかる! 4

前回までで、蜥蜴座での周期不明の食変光星の周期を11個見つけ、アルファベットの名がついているのは一応終わりました。V番号のではV349 Lacの周期がわかっていません。 ASASSNのデータでPDMで1-10日の範囲で周期を求めたら、これが見つかりました。 …

周期不明の食変光星の周期がASASSNのデータでどんどん見つかる! 3

蜥蜴座で周期不明の食変光星の残り、HI、MQ、MU Lacの周期を探しました。 HI Lac 周期がほとんど25時間で、極小は毎日1時間ぐらいずつ遅くなっていきます。皆既食かもしれませんね。第二極小も受かっています。 MQ Lac これがちょっとまだはっきりとは周…

長周期の変光星、IW Lacの周期をASASSNのデータで探そう

このIW Lacは今までと同じ蜥蜴座の長周期らしい変光星ですが、VSXには周期は載っておらず、変動範囲はpつまり写真等級で17.0-18.0となっています。山本さんが3月に11.6Cと増光を報告しておられました。 この星のASASSNによるここ1000日のライトカーブはこの…